« やっと再出発 | トップページ | 2日目にして挫折 »

2005年8月19日 (金)

ナイキフリー5.0

今自分がデイリーユースにして使っている靴。

ナイキのサイトより
http://nike.jp/nikefree/home.html

上記のナイキのサイトからの説明によると
『素足で草原を走る感覚を実践した次世代ランニングシューズ。人間本来の素足(ベアフット)を走りの理想とした、今までと逆転に発想で開発したランニングシューズ。ナイキのハイテクシューズをはいた状態を10、素足の状態を0とした時、その中間に当たる5の状態がこのFree5.0なのです。過去類を見ない屈曲性を実現した独自のソールユニットは、よりダイレクトな感覚を足に伝達。素足を進化させるという画期的なコンセプトを持ったFree5.0は、ユーザーのポテンシャルを最大限に引き出してくれることでしょう。』
というもの。

素足のトレーニングを行っているケニアのランナーが怪我が少ない事に着目し開発された靴らしいです。
履いているうちに足裏の筋肉が発達するよう。

でどんなものかといえば靴裏のソールがブロック状に細かく分かれているんです。細かく分かれていることでソール自体もかなり柔軟に曲がります。

で、ネットで購入しました。
履かないで購入される方へ。
細身に作ってあるそうなので、0.5~1インチアップして注文したほうがいいらしいです。
実際自分は1インチアップしました。
靴紐タイプなんですけど、素材自体にかなり伸縮性があるので、少し大きめでも結構フィットします。
履く時も靴の口の部分が伸びますので、靴紐を解かなくてもすくっと履けます。

色は全体が蛍光色の黄緑色に黒のナイキマークのタイプ。

本来ランニングシューズなんですが、靴箱に入っていた説明によると約2週間は靴に慣れてくださいみたいなことが書いてありました。
ようはすぐ走るなよってことなんでしょう。

ソールが2枚入っていました。1つはクッション性を高めたナイキでいう5.0といわれるもの。もう1つは薄めにできていてより足裏を鍛えるための4.5タイプのもの。
はじめなのでということと長時間使用のデイリーユース目的のため、5.0のソールをいれて履いてみました。
思っていたよりクッション性がありました。

履いてみてブロックに分かれている部分の感覚はかかとの部分では感じることができません。
分かれたブロックによる柔軟性をよく感じられる部分は母指球がある辺り。正確にいうと母指球のやや内側、中指と薬指の付け根の辺りが地面をはねる感じがよく分かります。(歩き方の個人差もあるので、人さまざまかもしれませんが)
自分の感覚の中でも中指、薬指を使って歩いているのがよく分かります。

それと歩いていて気付いたんですが、膝のすぐ上の筋肉(大腿四頭筋の外側の最下部と内側の最下部)に疲れが出ます。
今まで厚いソールに守られていた足裏を使った歩き方とはまた違った歩き方によるものなのか。それとも中指薬指を使うときに補助的に働く筋肉なのか、よくわかりませんが。ちなみにリハのPTさんにも試しに履いてもらったんですが、やっぱり同じところにテンションがかかるようなことを言っておられたので、自分だけの感覚じゃないみたいです。

今は履いてみて10日近くすぎましたが、確かに足裏の感覚が今まで死んでいたのがよく分かります。
格段に足裏の神経が発達してきているようです。

自分の最近の靴の選び方は、以前何度か膝を壊しているので、徐々に膝を守るような方向に進みました。
行き着いた先は、リーボックのウォーキングシューズ。普段履きにはレインウォーカーというものを履いていました。
実際このリーボックに入っているDMXのクッション性は最高で、膝が悪い時には本当に重宝しました。
今はもう膝の方は完治したので、積極的に鍛えるべき方向にあります。
レインウォーカー以後もエアロビやトレーニングシューズはほとんどリーボック派だったんですが、ちょっと浮気してみました。
(最近のリーボックのデザインあまり気に入っていなかったんです。そんなんであまり購買意欲もそそられなかったのですが、最近なんとアディダスによる合併が合意したとのニュースが。どうなってしまうんでしょう、リーボック。)

ちょっと話を戻します。
さて、蛍光色のナイキフリーですが、結構目立ちます。
靴だけ光ってるなぁっと嫌味ぽくいわれます。

素材自体もフェルトのような感じで、結構汚れ吸い込んじゃうんですよ。
蛍光色だとほんの少しの汚れがどうも気になってしまい。。。。。。

結局黒地に赤色プラスのタイプをもう1足買ってしまいました。こちらはあまり汚れが気にならないので。

効果としては直接的じゃないにしろ、肩に不安感がある肩関節不安定症の人で、姿勢からおかしくなっている人はすごくお勧めです。
歩くという人間の基本的な動作を正常なものにしていくことで、姿勢という部分の調整ができうる力を秘めているような気がします。

よかったら試してみてください。

#最近写真をガンガンのっけているブログが結構あるんだけど大丈夫なのかなぁ。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

« やっと再出発 | トップページ | 2日目にして挫折 »