« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

8.30 クロール200mがすご~く軽い

2日あまりできなかったので、この日は時間も取れたし、限界までやった。
そして軽くだが、ウエイトもようやく始めた。

この日

肩のリハビリ(これは今まで書かなかったけどちゃんとやっていました。)
ウエイト(肩・前腕・腰・腹)
エアロビ1レッスン
ラン8km/h5分、9km/h70分
クライム30分
クロール1000m・バタ足500m

さすがに最後の方はふらついたよ。おそらく消費2000kcal前後かな。
ランも距離にして10km越えを果たした。

クロールは一番最後だったけど、なんだかとても泳ぎやすかった。
今まで100mを越えるのは至難の業だったんだけど、この日はまったく感じが違っていった。まず、呼吸が荒れることなく保つことができた。それにストレッチタイムがはっきりおこなえたし、ずっと続けることができた。100mを泳いだ所でたいへん軽かったので、200mまで泳いだけど、まだまだ泳げそうだった。

一体今までのは何だったんだろう。
今ままでは水泳が先で他の有酸素をあとにやっていた。
これってランニングやクライミングで疲れ切らしてやったからなのかなぁ。体の余分な力が抜けて・・・というやつなんだろうか。まったく分からない。

とにかくびっくりしました。
今後も水泳は後にしてみようと思う。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月30日 (火)

8.29 うまく時間が取れず

エアロバイク35分
エアロビ 1レッスンのみ。。。。。

時間がなかった。。。。。欝

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月29日 (月)

8.28

時間がなかったけど、少しだけでもやる。

クロール700m・バタ足350m のみ
(クロール100m→バタ足50m→休みの繰り返し)

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月28日 (日)

8.27 食事制限

スポーツをしていた人間が入院したり急にスポーツを止めてしまうと食事もその状況に対して変えなきゃいけなんだろうけど、結構難しい。自分は基本的に食い意地張っているというのか、ついつい多めに食べてしまう方なので。

今体脂肪を落とすことで有酸素のほかに食事も制限している。

ちなみにダイエット期間中は

朝・・・・普通の食事(量も普通)

昼・・・・サラダ、サンドイッチ

夜・・・・カロリーメイト2個(一箱の半分)

有酸素の前・・・チョコレート小さいのを1、2個少しだけ。(活性酸素対策として)

とこんな具合。
たぶん一日1500kcalぐらいか。
プロテインからででもたんぱく質をもう少し採った方がいいんだけど、
今はとにかくカロリー摂取量を控えて頑張って体脂肪を落としたいと思っている。

で、有酸素は一応1日1000kcal以上消費する目安でやるようにしている。

この日は

エアロバイク50分
ラン8km/h10分、9km/h60分
クライムマシーン20分

ランニングの距離、スピードともに伸ばす。
ランニングだけで、500kcal以上消費できた。

水泳はなし。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月27日 (土)

エアロビはまた別・・・

ミドルインパクトとでも言おうか、エアロビのややきつめのクラスに久々に参加した。

ランニングなどの動きとは違い横方向、上方向の負荷はやっぱり別物だった。
後半足がついていかない。心拍数も上がってしまってヨレヨレ。
結構酷いありさまだった。

もう少しエアロビに時間を割いたほうがいいのかなぁ。
確かにエアロビには慣れが必要だからなぁ。

う~む。でも、気持ちいいね。

あとクロール1000mとタッキー王子さんのアドバイスでバタ足も200mも加えてみた。
今度はもう少しバタ足も増やしてみよう。

食事も減らしているのに、なぜだが体重・体脂肪が少し増えてしまった…欝。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月26日 (金)

8.25

エアロバイク 50分
ランニング 8km/h10分、9km/45分
クライムマシーン 30分
(水泳は無し)

まだまだ体脂肪落としたい所。
ウエイトもはじめてみたいけど、ウエイトをやって筋肉つけていこうとすると
本当は有酸素あまりやると筋肉つける上では効果的じゃないんだよね。
つまり有酸素で筋肉も燃焼させてしまうんで。

またたんぱく質は採らなきゃいけないんだけど、炭水化物も筋肉つける上では
非常に重要となってくるんで、体脂肪落としながら筋肉つけるというのは実際
大変難しい。(もちろんできないことはないんだけど、効率悪いんですよ。)
一番いいのは筋肉つけてから体脂肪を落とすか、体脂肪落としてから筋肉つけるかの
どちらか。

今しばらく有酸素続けたいなぁ。

腹つかめます?そこのあなた。。。。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月25日 (木)

エアロビ復帰

この日はクロール1200m、エアロビ1レッスン。

水泳は少し距離を伸ばしてみた。

以前買ってあったDVD付の教則本をやる前に見ていてだめな泳ぎの直し方について細かく指導があったので、いくつか調整してみた。

たぶんそうだろうと思うけど、今の泳ぎは

  • 体が沈む(よって息継ぎに余分な動きになる)
  • 腰が下がる
  • フィニッシュで腕がかき過ぎてしまう
  • ストレッチタイムが取れない

ということのようだ。DVDの指導のとおり気をつけてやると泳ぎが大変楽になったのを実感した。

だが、休みなしだと100mがいっぱい。後半はだんだん腕が下がってくるし、腰も落ちてくる、うまくストレッチタイムもとれなくなる。なぜなんだろうか、やっぱり筋力が足りないのかなぁ。肩もパンパンになってくるしなぁ。

筋力だとするとこのままがんばっていけばいずれは出来そうだし、ウエイトをはじめたりすれば少しは楽になるかも。

あと、エアロビを1レッスン。

少し来ていないと複雑になっていて、バタバタしてしまった。ちょっと欝。

ただ、後半やったバランストレーニングのときにぐらつかなくなった。
これはナイキフリーの影響が非常に大きいような気がする。

この半月で足の裏の細かな筋肉が発達してきているのがよくわかった。たしかにバランスどりは膝や腰、腹筋などのほかの部分も関しているけど、足の裏って土台なので、そこがしっかりしていないとどうにもならない。そこがしっかりしてくればかなりバランスが取りやすいようだ。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月24日 (水)

中里篤史選手が復帰

4年前ルーキーで150kの速球を投げていたが、2002年の春季キャンプ中に選手宿舎の階段で転倒して右肩関節唇損傷。そのあともプールで体力トレーニングをするだけで脱臼したりと右肩は蘇りませんでした。2004年1月に肩と肘を手術。

http://dragons.cplaza.ne.jp/farm/farm050821.html

肩が商売なのに、階段から落ちて関節唇損傷かぁ・・・・

1428日ぶりに二軍だが復帰されましたとのこと。
脱臼を乗り越えて頑張ってもらいたいですね。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

8.23

お休み中さらにどっぷりと脂肪がついてしまったので、今食事制限もしてひたすら有酸素運動を長時間している。

この日は

エアロバイク50分
ランニング7km/h 10分、8km/h 35分
クライムマシーン 30分
リカバントバイク 30分
クロール700m

あと久々にアクアダンスも受けてみた。
かなり燃焼してるのではないかと思う。(一夜明けたら1kgダウン。微妙~)

そういえば昨日、水泳レッスンを受けているときなんだけど、初中級クラスだと
おばちゃんが多い。おばちゃんは目にしたものにすぐ反応する。っというか、
口が先に動く。

すかさず、自分の肩の手術あとに喰らいついた。
「怪我かなんか?」「いや、脱臼の手術を受けたんですよ。」

もう泳ぎまくっているので、今はもう気にならなくなった。おばちゃんの唐突な
攻撃にもとりたてて心がぐらつかなくなった。

この辺になると逆にちょっといたずら心が出てきてしまう。

「脱臼って言うと、自分ではめられなくなる、あの?・・・・」「ええそうですけど、
でも自分ではめれるんですよ。すごい痛みの中で気を失うぎりぎりのところで
腕をこうしてぐりぐり押し込むんですよね。」

軽く引き気味。

「それでも手術したの?」「ええ、普通の生活していてもやばくなってきたし、
スポーツもできませんから、困っていたんですよ。」

「どんな手術したの」「そうですね。ここ切っていますでしょ。それで中で一度
腕を肩から外してもう一度付け直す手術をしました。」

おばちゃんを完全にノックアウトしました。(笑

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月23日 (火)

復帰後初バタフライ

エアロバイク50分
ラン30分(8km/h)

それと水泳レッスンを2つ。

ランニングは一ヶ月ぶりなんだけど、以外と呼吸が上がらなかった。
まぁ、確かに30分だからか。
呼吸上がらない程度が負担のかからない範囲なのかも。

やっと水泳レッスンを受けることができた。
まず、バタ足での姿勢。
腰が下がっているとの指摘。
今の状態だとお尻を水面から出すような気持ちで泳ぐとちょうど
よさそうだ。

気をつけねば。

あと、バタフライを間にやることになった。
バタフライなんてもともとできなかったし、
まぁたしかに可動域も健側にかなり近くなってる、
広げて痛みがあるわけでもない。
でも・・・・できるかなぁと思いつつ、できる範囲でがんばってみた。

4,5回廻すだけでもうおぼれている状態になるのだが(ようは
バタフライでは泳ぐ技術がないわけですが)、
それでも何とか腕回りました。痛みもなかったし。
確かに可動域いっぱいいっぱいなので、人よりは劣っていたかもしれないけど
回るだけは回りましたよ。

現在、術後5ヶ月ちょっとだけど、
実際この段階だと4泳法はほぼ支障なさそうだ。
あとは泳ぐ技術と筋力だけか。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月22日 (月)

8.21

クロール1000m
エアロバイク45分

一晩空けたら肩甲骨周り筋肉痛。
ちょっと情ないなぁ・・・・・・

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月21日 (日)

8.20

本日はクロールの距離を少し伸ばす

100mx10本

でも、後半は腕がしっかり回しきっていなかった。泳ぎが下手というのが、最大の問題だけど、それとは別にリハ中に一ヶ月休んだことの筋力低下もかなり大きいんだろうなぁ。
まぁ、今日は第一歩なので、引き続きがんばります。

あと、リカベントバイク50分。

クラブに通いだしましたので、インナーもやっと再開。はい、さぼっておりましたよ。

来週にはウエイトをはじめようと思っています。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月20日 (土)

2日目にして挫折

というか、野暮用で行かれませんでした。
体も問題はないし、行く気満々なので明日はリベンジ。

きょうはここまで。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月19日 (金)

ナイキフリー5.0

今自分がデイリーユースにして使っている靴。

ナイキのサイトより
http://nike.jp/nikefree/home.html

上記のナイキのサイトからの説明によると
『素足で草原を走る感覚を実践した次世代ランニングシューズ。人間本来の素足(ベアフット)を走りの理想とした、今までと逆転に発想で開発したランニングシューズ。ナイキのハイテクシューズをはいた状態を10、素足の状態を0とした時、その中間に当たる5の状態がこのFree5.0なのです。過去類を見ない屈曲性を実現した独自のソールユニットは、よりダイレクトな感覚を足に伝達。素足を進化させるという画期的なコンセプトを持ったFree5.0は、ユーザーのポテンシャルを最大限に引き出してくれることでしょう。』
というもの。

素足のトレーニングを行っているケニアのランナーが怪我が少ない事に着目し開発された靴らしいです。
履いているうちに足裏の筋肉が発達するよう。

でどんなものかといえば靴裏のソールがブロック状に細かく分かれているんです。細かく分かれていることでソール自体もかなり柔軟に曲がります。

で、ネットで購入しました。
履かないで購入される方へ。
細身に作ってあるそうなので、0.5~1インチアップして注文したほうがいいらしいです。
実際自分は1インチアップしました。
靴紐タイプなんですけど、素材自体にかなり伸縮性があるので、少し大きめでも結構フィットします。
履く時も靴の口の部分が伸びますので、靴紐を解かなくてもすくっと履けます。

色は全体が蛍光色の黄緑色に黒のナイキマークのタイプ。

本来ランニングシューズなんですが、靴箱に入っていた説明によると約2週間は靴に慣れてくださいみたいなことが書いてありました。
ようはすぐ走るなよってことなんでしょう。

ソールが2枚入っていました。1つはクッション性を高めたナイキでいう5.0といわれるもの。もう1つは薄めにできていてより足裏を鍛えるための4.5タイプのもの。
はじめなのでということと長時間使用のデイリーユース目的のため、5.0のソールをいれて履いてみました。
思っていたよりクッション性がありました。

履いてみてブロックに分かれている部分の感覚はかかとの部分では感じることができません。
分かれたブロックによる柔軟性をよく感じられる部分は母指球がある辺り。正確にいうと母指球のやや内側、中指と薬指の付け根の辺りが地面をはねる感じがよく分かります。(歩き方の個人差もあるので、人さまざまかもしれませんが)
自分の感覚の中でも中指、薬指を使って歩いているのがよく分かります。

それと歩いていて気付いたんですが、膝のすぐ上の筋肉(大腿四頭筋の外側の最下部と内側の最下部)に疲れが出ます。
今まで厚いソールに守られていた足裏を使った歩き方とはまた違った歩き方によるものなのか。それとも中指薬指を使うときに補助的に働く筋肉なのか、よくわかりませんが。ちなみにリハのPTさんにも試しに履いてもらったんですが、やっぱり同じところにテンションがかかるようなことを言っておられたので、自分だけの感覚じゃないみたいです。

今は履いてみて10日近くすぎましたが、確かに足裏の感覚が今まで死んでいたのがよく分かります。
格段に足裏の神経が発達してきているようです。

自分の最近の靴の選び方は、以前何度か膝を壊しているので、徐々に膝を守るような方向に進みました。
行き着いた先は、リーボックのウォーキングシューズ。普段履きにはレインウォーカーというものを履いていました。
実際このリーボックに入っているDMXのクッション性は最高で、膝が悪い時には本当に重宝しました。
今はもう膝の方は完治したので、積極的に鍛えるべき方向にあります。
レインウォーカー以後もエアロビやトレーニングシューズはほとんどリーボック派だったんですが、ちょっと浮気してみました。
(最近のリーボックのデザインあまり気に入っていなかったんです。そんなんであまり購買意欲もそそられなかったのですが、最近なんとアディダスによる合併が合意したとのニュースが。どうなってしまうんでしょう、リーボック。)

ちょっと話を戻します。
さて、蛍光色のナイキフリーですが、結構目立ちます。
靴だけ光ってるなぁっと嫌味ぽくいわれます。

素材自体もフェルトのような感じで、結構汚れ吸い込んじゃうんですよ。
蛍光色だとほんの少しの汚れがどうも気になってしまい。。。。。。

結局黒地に赤色プラスのタイプをもう1足買ってしまいました。こちらはあまり汚れが気にならないので。

効果としては直接的じゃないにしろ、肩に不安感がある肩関節不安定症の人で、姿勢からおかしくなっている人はすごくお勧めです。
歩くという人間の基本的な動作を正常なものにしていくことで、姿勢という部分の調整ができうる力を秘めているような気がします。

よかったら試してみてください。

#最近写真をガンガンのっけているブログが結構あるんだけど大丈夫なのかなぁ。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

やっと再出発

・・・って何度目だ(笑

7月21日に僧帽筋下部あたりを損傷してからはや一ヶ月近く休んでしまった。

でも以外と微弱な痛みが続いていたので、思い切ったわけ・・・・ずるずるひきづって慢性化させてもね。あきらめも大切です。

ということで筋肉もあっという間になくなってしまいましたが、再出発ということで。
痛みも完全に抜けて(微塵もないですが)気分一新!

本日は軽く復帰メニュー。

クロール50mx10本。
エアロバイク60分。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

24、シーズン3終了!

ジムをじっくり休んで1ヶ月。
その間「24」も一気にシーズン3まで見切りました!
「24」は確かに面白い。

でも主人公無茶するなぁというか、法律なんてお構いないし、究極の選択のまたさらに究極なやつを突きつけられても、迷うことなく突き進む様は、こちとらもうお手上げです。
ここまでやらないともうアメリカのTVドラマは視聴者つなぎとめられないのか。
でも考えはじめてはだめですね。出来るだけ間を空けずに見ることがこの24をより楽しむ要素です。

そうすると本当にのめりこみますよ。

シーズン4が9月2日あたりからかぁ。あっという間ですね。やばいなぁ。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月 6日 (土)

非外傷性肩関節不安定症

最近は動揺性肩関節症などの非外傷性肩関節不安定症の方とお話をすることが多い。

自分自身が外傷性起因の反復性肩関節前方脱臼だったし、非外傷性の方のような常に外れているような違和感みたいなものを感じたことがなかったので、実際あまりよくわからなかった。(脱臼後のぐらぐらする感覚は除いて)

また今回手術を受けた過程で、反復性ならある程度医学的知識も身に付けたので、受け答えができるのだが、非外傷性の知識は薄かったし。

たしかに外傷性起因・非外傷性起因の脱臼・亜脱臼の全体数の中でだと、完全脱臼まで行かないで常にはずれそうな感じをもっている人や、常に肩関節がぐらぐらするような人、つまり非外傷性肩関節不安定症の方は総数としたらかなり少ない。

当然、非外傷性に関して表立って出てくることも少なく、また専門的情報もほんとうに少ない。
(自分が非外傷性肩関節不安定症と気付かない方も実際多いのだろう)

でも、自分のHPのほうを立ち上げてみて、非外傷性の方からいろいろお話を伺ってたりしていると、現実的には非外傷性の方のほうが根が深く、日々の生活すら脅かされていたりして、大変な現実を知ることとなった。
この非外傷性はいまだ解明されていない部分が多すぎて確たる医学情報が流せないのが本当なのかもしれない。だからこそ、その症状を持つものの嘆きが自分の中で強く響く。(確かにそんな状況の中で、自分のような医師でもない人間が、確たることを言える部分ってものはかなり少ないのだが。)

今痛切に感じているのが、非外傷性肩関節不安定症の方をちゃんと診断できる医師が少ないと言うことだ。
肩の専門医すら整形外科の中で少ない状況の中で、非外傷性の方を正確に診断、治療、成果を出している医師というと本当に限られてくる。

net上にはいくつもの脱臼に関した情報はあるんだけど、非外傷性なりの独立した形でもっと専門的に扱うべきじゃないかという気が今している。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年8月 5日 (金)

とうとう始まりましたiTMS

(キキさん、ジルさん、しげさん、おとうさん、silveryさん、sprintさんにTB。
http://yaplog.jp/kym_9_june_ioi/tb_ping/21
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/jyll050601/diary/200507110001/
http://nobong.exblog.jp/tb/1244512
http://blog.livedoor.jp/yochitaka/tb.cgi/27799674
http://silvery925.exblog.jp/tb/1212235 
http://ameblo.jp/sprint/entry-10003313109.html )

昨日の昼頃、appleのituneミュージックストア(以下、iTMS)が始まったとある方から教えていただいた。

iTMSはこちら↓
http://www.apple.com/jp/itunes/store/

netでの話だと8月下旬の噂話も出ていたので、あまりの突然のことにちょっと度肝を抜かれた感じ。
ituneのほうはipod用のサードパーティというのか、そういうソフトを使っていたためにいまだituneはver4.2。何度か、日本のituneのサイトに接続しようとするがうまくいかなかった。しょうがなくver4.9にしようとするがそれもエラーになってしまう。大混雑のようだ。夜になってようやくver4.9に上げて、接続開始。

おぉ!iTMSのサイトが日本語で書いてあると感動し(当たり前だが)、
以前気に入った曲で曲名の控えていたものを早速いくつかあたってみる。

でもアメリカのiTMSでは手に入る曲が日本サイトでは簡単に手に入らないものもあるようだ。
例えばジェフ・ベック。。。。これはgoogleで調べてみるとどうもSONYが日本の場合権利を持っているようで、では日本版iTMSで検索しても出てこない。
サラ・マクラクランはBMGが権利を持ってるようで、iTMSではたった1曲、デュエット曲しか出てこない。

ちなみにジェフ・ベックはこちら↓
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/JeffBeck/ (sonyの再生ソフトが必要。無料ダウンロード)

サラ・マクラクランはこちら↓
http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=1512
http://www.bmgjapan.com/_artist/item.php?id=1512&item=5141 (視聴できます)

(さらにライブが見えます。
http://www.sarahmclachlan.com/ の「check out Afterglow Live」をクリック。要Quick Time Player )

特にSONYのサイトだと、SONY用のソフトを入れないと視聴すらできないし。いやらしいなぁ。
今後appleみたいに専用ファイルとか、専用ソフトが必要とか、やめてほしいね。でもiTMSは大きいからね。そこのスタイルはやっぱりこれからの標準仕様になっていくと思うよ。

さて、昨日はiTMS巡りがお盛んでした。
今日もそうなると思います。

登録しておくと本当に数回のクリックだけであっという間のダウンロードはすごいよ。
やっぱり。1曲150円前後だしね。レコード自体はやっぱりたくさんは買わなくなるけど、音楽自体はすごく身近になること間違いなしです。

ちなみに昨日ダウンロードものの1つ↓。
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?playlistId=39752999&selectedItemId=39753028

ituneを入れている方は上のURLをクリックするとituneが立ち上がり、曲が表示されます。
その曲をクリックすると、今度はサインインを尋ねられますが、【後で】を選んでください。
あとはituneの再生ボタンを押せば曲が流れ始めると思います。

あと、始まったことを教えていただいた方に聞いた話なんだけど。。。。。

昨日からituneのTODAY'sトップ ソングはDefTechがずっとトップ。だけど同じ上位に松崎しげるの「愛のメモリー」が常にいる。
一体、なぜなんだろう(笑

後、これを読んで参加できる方、逆トラックバックもできれば楽しみにしていますよ。

|

2005年8月 2日 (火)

濱中おさむ選手

今日は脱臼手術をして現在、頑張って復帰されているスポーツ選手についてのお話。

有名どころだと思うが、今日は「濱中おさむ選手」について。
。。。ていっても、実は野球選手はほとんど知らない。野球は全然見ないので。

でも、脱臼についてネットでいろいろ回っているときに濱中おさむさんの名前はかなりの頻度で
ヒットするので、目には入ってきていた。
最近はNEWSで、活躍が聞こえてくるようになった。(野球ニュースすら見ないので、あまり知らない。
そんなんで話題に出すのもどうかと思うが)

こんな超一流プロ選手とアマチュア市民レベルの人間とを同じ目線の位置で話すべきじゃないとは思うけど、
脱臼手術を受けて現役復帰され頑張っていらっしゃると言う点では共感し、またエールを送らざるを得ない。
(2度手術を受けられて一度目は脱臼の手術で、二度目は腱板縫合術だそうだ。詳しくは
 http://www.hamanaka31.com/op.html )

更新頻度は高くないようだが、ブログもお持ちなので、ご紹介しておこうと思う。
http://hmnk.tblog.jp/

ネタに困ったらこういう方法もあるわけですね。
ということでもし、脱臼手術を受けて活躍されているスポーツ選手がいたら教えてください。
メンバーの方なら、ご自分のブログでお話されても結構です。
自分のほうはトラックバックしますんで。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

経過状況ですが。。。

久しぶりの更新になってしまった。
ほとんど背中の具合はよくなっているが、ストレッチすると深部のほうに若干の痛みがあり。
この状態だとまだウエイトは止めておいたほうがいいんだろうなぁ。。。。

今週中にクラブ復帰しようと思ったいたけど、ちょっと考え中。

っていうか、「24」見まくっていますが(笑
現在シーズン2、中間地点。現在出ている全シリーズで言うとちょうど折り返し地点。
やっぱり来週にしようか。(笑

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »