« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

10.31 腕がだめなら足があるさ

インピンジメントらしい。

痛みは本当に少しずつだが減ってきている。ただすぐには治らなさそうなので、いくつかレースを欠場しなきゃならないだろう。
痛みを持ってレースに参加して折角ここまで頑張ってきたのを無にするのもばかばかしいこと。

止むを得ないなぁ。

でもトレーニング自体は休んでいない。

腕がつかえないなら足があるさ!

ということで一昨日は腹筋・背筋+エアロバイク60分
昨日はリカベントバイク75分
本日は大腿部・下腿部+エアロバイク・リカベントバイク140分

主にマシン中心だが、k今日はスミスマシンでスクワットのパーシャルレップに挑戦してみた。
いつもはスミスでもできるだけパワーリフティングスタイルのスクワットでやっていたけど、最大重量を神経系に叩き込む意味で、パーシャルレップ(可動域を抑えて上げ下げする)法をやってみたがかなり高重量を持ち上げることが出来た。

当分は体幹部と下半身だけなんで逆アイフルになりそうだけど、やらないよりはましだろう。

怪我しても歩みを止めない。
逆境を乗り越えてやる。
立ち止まるな!

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月28日 (金)

10.28 トレーニング中止

ここのところトレーニングをかなり追い込んでいる。
時間もいっぱいいっぱいまで掛けているので、ブログの方も更新する時間がなかった。

昨日肩の日だったけどやってる間は何ともなかったんだけどウエイトをやり終わってから肩が痛み出した。ある角度やある動きをすると鋭い痛みが出る。
そのあとボクササイズやエアロビがあったんだけど、ちょっとこの状態ではまずいので、泣く泣く止めにした。

帰ってからも痛みはだんだん強くなってくるし。

一夜明けて今日はリハビリ。その状態を見てもらう。

どうも肩峰と上腕骨の間で棘上筋や滑液包が挟み込まれて炎症を起こしている可能性が濃厚のよう。

とりあえずしばらくトレーニングを中止して、安静にして様子を見ようということになった。

・・・でもなぁ、10kmレースも近いし、どうしたもんだろう。

確かに走ると衝撃が肩に伝わりそうで、走れそうにもない。
心拍機能も維持しないといけないので、やるとしたらエアロバイクしか出来そうもないなぁ。

あと肩に負担のないアブドミナルマシンやレッグカール、レッグエクステンションやヒップマシンぐらいしか出来そうにもなさそう。

マウス使うために腕を挙げてるのすらちょっとストレスを感じています。
順調には行かしてくれないねぇ。四進一退の進み具合。トホホです。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月20日 (木)

10.20 かなりハードになってきました。

ちょっと更新が出来ませんでした。

ウエイトトレーニングもかなりハードなメニューになってきました。
今までもやっていたけど各部位の最後の締めに21レップ法を大々的に取り入れるようにしている。
21レップ法とは7レップずつ可動域を変えて連続して合計21レップを行う方法。
「マッスル&フィットネス」で以前紹介されていた方法だ。

まずボトムからセンターまでの7レップを行い、続いてセンターからトップまで7レップ、休まず今度は全域で7レップ。扱う重量は当然通常の動作よりかなり軽いものになるんだけどバーン(筋肉が焼け付くような痛み)を確実に感じることが出来るので、重宝している。
通常のセットなどをまずやってから一番最後にこの21レップ法を行う。
実際やってみるとかなりしんどい。休憩が確実に必要となる。実際、普通の状態に持っていくのに時間が掛かる。

21レップ法もそうなのだが、今週より取り入れた動作などや新しいメニューのため、その動作に合ったウエイトやら姿勢の確認をしながらやっているので結構時間を食う。

なんとかランの方も時間を取らなきゃいけないし。
あっ、2時間ランは出来ていません。出来ても1時間ぐらいだなぁ。

来週はもう少しウエイトの時間を押えるようにしてランにまわさないと。

自宅へ帰ってきても強めのストレッチやらバランスボールを軽くやったりしています。
今週はクラブ・自宅とも新メニューでこなしていますので、更新少し滞るかも知れません。

あともう1つ。肩のほうだけどいままでショルダープレスはマシンの方が多かった。
ダンベルやバーベルという方法もあるんだけど、不安定性のため危険もある程度あるのでとても怖くてやれなかった。でもすこしずつ軽いウエイトからやりはじめてみたけど、やはりウエイトを使ったものは気が抜けないので、すごく集中してやれる。やってみると以外と上がることがわかった。やはりどうも心理的な部分でストップしていたことも少しはあるような気がした。
ダンベルはやはりいいね。マシンにはない緊張感があるし、とても集中してできるので、肩の方は負荷を高めていってもまだまだ出来そうだった。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月18日 (火)

10.17 再開 ランニングの負荷を下げてみる

一週間お休みをして再開した。

ウエイトトレーニング(胸・下腿)、肩のコンディショニング、エアロビ、ラン

一週間休んだので、疲れはきっちり抜けたけど筋力も落ちているようだ。
ウエイトの最大重量を下げざるを得なかった。

あとランニング。
ランニングの負荷がちょっと自分の体と合っていないような気がしていた。
ということで、ある程度心拍数を見ながら150まで行かないようにゆっくり走ってみることにする。

今週いっぱいは傾斜3度6.8km/hかまたは傾斜0度8km/hのどちらかで長時間走るのを基本にしようと思う。できれば2時間走ぐらいはしたい。この方が脂肪燃焼しやすいし。

もちろんある程度オーバーロードをかけなくちゃいけない時も必要なので、週一回以上は10km/hの一時間走はやらなきゃね。

今週はもう少し体脂肪を落とすことに焦点を当てて頑張りたい。
・・・・ということでクレアチンローディングは来週以降にしようと思う。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月15日 (土)

10.15 バランスボール来ました。

現在トレーニングをお休みして体の英気を養っています。

前々から気になっていましたが、バランスボールを注文し今日到着しました。

この物自体は以前「あるある大辞典」でスイスの学校で椅子代わりに使われているということから知ってかなり気になっていたのですが、それからかなりの年月を経てしまいそのままになっていました。

うちのスポーツクラブでもバランスボールを使ったクラスがあるんだけどなにせ時間が合わない。これはもう買いかなぁとうじうじ考えていた所、先週「ステルス」という映画を見に行ったんですが、ジェシカ・ビールが空母の中の自分の部屋で椅子がわりに使いながらピョンピョン弾んでいたのを見て、やられてしまいました。

ただ、問題は自分の部屋の環境なんですけど、いらなきゃ空気抜いておけばいいのではとジェシカ・ビールの姿をまぶたに浮かべながらついに頼んじゃいました。

このバランスボールはバッタもんを含めていろいろなメーカーから出ているんだけど、自分的には以前あるある大辞典で紹介されたときに気になっていた「ギムニク」というイタリアのメーカーのものを購入。
なにせスイスの学校でも採用されているわけだし、いろいろなサイトでも見ても作りが頑丈そうで、張り具合なんかもホームセンターなんかで売っていそうなバッタもんとは全然違うみたい。

ギムニクではいろんな種類のものがあるんだけど、普通のバランスボールタイプでは普通のタイプとプラスというやややわらかめのものがあり、普通のものが主に椅子側にしたりトレーニング向き。プラスはやわらかいので長時間座りつづけることが容易とのこと。
トレーニングも考えてみたので、一応ノーマルタイプで。

あと大きさの問題。身長にあわせてということらしいだけど。175cmまでだと直系65cm、155cmまでだと55cmということだったので、65cmを選ぶ。

色は出来るだけケバ目の色は避けたかったんだけどノーマルタイプだと青色しか手に入らないみたいで、(プラスだとパールや落ち着き目のグリーンが選べるみたい)しょうがなく青。

で、来ました。足踏みタイプのポンプも購入。

一応最初は数時間に分けて5回ほど注入してくださいとの説明書書き。
まずは3回ほど注入してみたんだけど、あれ栓抜くとかなり空気抜けるんですね。
やり方が悪いのかなぁ。だから、早業で栓抜いたりポンプの先入れたりしないといけないみたいで。

なんとか3回ほど注入してみて、いざ試してみた。
まず基本の椅子。

うっ、ちょっと失敗!実は机がちょっと高めだったんですよ。65cmのタイプだと座れば当然それよりお尻の位置は下がるわけで。鎖骨までは行かないけどみぞおちより上に机の板が・・・。この机じゃ椅子代わりにはならないなぁ。

椅子代わりにするなら別のスタイルの時に椅子代わりにしないといけなくなりました。

あとは自宅でのストレッチと補強トレーニングの時に使うやり方を考えねば・・・。
現在思案中であります。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月10日 (月)

10.10 完全休養

月曜と火曜は完全休養。

ということで、両日ともスーパー銭湯通いいたします。

たっぷりサウナに入ったあと冷水で体を締め、ぐだっとするのを数回。それからちょこちょこいろんなお風呂へまわってから上がります。
そのあとマッサージマシーンで体を揉みほぐし、帰る頃は体が骨抜きになります。

翌日は思いっきりだるくなるんだけど、そのまた翌日にはすっきりしていて、疲れが早く抜けるんだよね。

早く芯から溜まっている疲れを取って来週からまた再開。
来週より新兵器クレアチン投入予定。ローディング期間をきっちり守りさらにパワーアップしたいなぁ。

ということで今週はブログは更新あまりしないかも。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 9日 (日)

正田絢子選手・・・脱臼手術を乗り越え金メダル(レスリング世界選手権)

少し前の話題ですが・・・

9月29日、ハンガリーのブタペストで行われた2005年レスリング世界選手権にて正田絢子選手(ジャパンビバレッジ)が金メダルを獲得。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050930k0000e050010000c.html
http://www.chunichi.co.jp/00/spo/20050930/eve_____spo_____003.shtml

『1981年11月3日、大阪・吹田市生まれの23歳。16歳で全日本選手権を制し、17歳で世界選手権初優勝。だが、その後は右肩の脱臼癖に泣き、01年9月に手術。この6年間は、右肩の手術、そして63kg級で伊調馨というライバルの存在もあり、日本代表の座を逃していた。今年3月、1階級下げての世界再挑戦を決意。男子並みの力で世界切符を勝ち取った。

6年ぶりの世界一となった今大会の試合直後、正田は両親や後援会関係者などの寄せ書きの入った大きな日の丸を羽織った。「私を支えてくれた人たちの大切な宝物」と正田。北京五輪へ向け、確かな自信を取り戻した。』

やっと格闘家のニュースだ。

テレビで見たけど脇のちょっと上に約5cmほどの傷があったからあれが脱臼手術なら直視下の手術ってことだね。
試合も見たけど、直視下の手術をしてもあれだけ動けるようになるんだなぁ。
自分も格闘技復帰を目指している口なので、こうした活躍は本当にいい目標になるなぁ。
すごく心を揺さぶられたよ。

またしかし、6年って・・・・
スポーツ選手の6年って大きいよね。
自分はそこまでたぶん我慢できないと思うけど・・・・まぁ、まだまだ術後7ヶ月の自分はこれからってことで、頑張ります!

正田絢子選手おめでとうございます。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 8日 (土)

10.8 やっぱり疲れはとれない

肩のコンディショニング、ウエイト(上腕二・三)

ラン(55分、10km/h)

やっぱり疲れは取れない。このままだと能率悪そうなんで、来週1週間はウエイトトレーニングはお休みにしよう。

スタジオレッスンは続きがあることと、ランはある程度コンスタントに続けたほうがよさそうなので、それだけは休まないつもり。それでも月・火は完全休養とする予定だ。
ということであと一日予定通り頑張ろう。

月・火はスーパー銭湯にでも行って体を休めようと思う。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 7日 (金)

10.7 18km/hダッシュ

肩のコンディショニング、ウエイト(背中上部)

エアロビ、ダッシュ5本(40秒程度ダッシュ+2分歩行の16km/h、16.5km/h、17km/h、17.5km/h、18km/h)

18km/h間で上げる事が出来た。上げたり下げたりはスピードボタンを押してコントロールするので、下げる時に失敗するとかなり怖い。18kmの時にしっかり押していなく、なかなか下がらなくてちょっとあせった。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 6日 (木)

10.6 何とか復調

前日、ウエイトだけにしたので、なんとか復調した。
でも、大きくは休めないんだよなぁ。

肩のコンディショニング、ウエイト(胸・背中)
ボクササイズ
ランニングは時間がなかったので、トレッドミルでダッシュ練習を加えてみた。

ダッシュ(45秒)→歩く(3分)の繰り返し

スピードも15.5km/h、16km/h、16.5km/hで走れた。
次回は17km/hにまで上げてみよう。歩く時間も2分までにおさえようと思う。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 5日 (水)

10.5 疲れを取らねば

この日肩のコンディショニング、ウエイト(上腕二・三、前腕部)

あとラン10km・スイム1kmをやるつもりだったけど何とか疲れを抜かないと・・・ということでお休みにした。

あぁ、走っておかないといけないんだけど。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 4日 (火)

10.4 疲れがピーク

肩のコンディショニング、ウエイト(腹・腰)

この日はランニング、水泳のそれぞれ長距離をあわせてやるつもりだったけど、疲れが今ピークでとても続けられそうにもなかったので、ウエイトまでにしてあとは止めた。

ウエイト自体も小康状態に来ている。疲れもピークだし。

いっそきちんと休みを取ったほうがいいんだけど、あまり進歩のなさに気持ちとしちゃ全然追い込み足りないような・・・。どうすべきか・・・・。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 3日 (月)

10.3 なかなかウエイト上がらず

肩のコンディショニング、ウエイト(肩・首・前腕部)
ボクササイズ、エアロビ

ちょっとお疲れ気味

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 1日 (土)

10.1 ちゃんと泳ぐとやはり肩が・・・

ちょっと疲れがたまってきたよう。
この日ウエイトトレは大腿部だったんだけど、先週よりMAXウエイトを下げてしまった。
疲れがたまっていると足のウエイトの時はてき面に現れる。

あと水泳レッスン

平泳ぎ

・視線と頭の傾きは常に一定方向で
・キックはブラジリアンキックのようにやるとよさそう
・膝の間はこぶし2つ分ぐらい開ける

クロール

・相変わらず入水時手が内側に入ってくる。もっと外ぐらいの意識で。
・伸びの時間をしっかり大切にする
・左手掻きすぎを防ぐためにポケットから手を抜くように自ら抜くことを心がける

最近レッスンを受けるようになって、しっかり掻くよう心がけるとそんなに距離が泳げなくなった。
せいぜい100mの繰り返しが精一杯。肩が途中でパンパンになって、腕を挙げることも困難になっていた。
実際ショルダープレスマシーンでも女性レベルぐらいのところでちまちまやっている状態なので、基本的には肩の筋力が足りないのだろうか?
しっかりやっているがなかなか肩の筋力はつかないよう。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »