« 10.8 やっぱり疲れはとれない | トップページ | 10.10 完全休養 »

2005年10月 9日 (日)

正田絢子選手・・・脱臼手術を乗り越え金メダル(レスリング世界選手権)

少し前の話題ですが・・・

9月29日、ハンガリーのブタペストで行われた2005年レスリング世界選手権にて正田絢子選手(ジャパンビバレッジ)が金メダルを獲得。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050930k0000e050010000c.html
http://www.chunichi.co.jp/00/spo/20050930/eve_____spo_____003.shtml

『1981年11月3日、大阪・吹田市生まれの23歳。16歳で全日本選手権を制し、17歳で世界選手権初優勝。だが、その後は右肩の脱臼癖に泣き、01年9月に手術。この6年間は、右肩の手術、そして63kg級で伊調馨というライバルの存在もあり、日本代表の座を逃していた。今年3月、1階級下げての世界再挑戦を決意。男子並みの力で世界切符を勝ち取った。

6年ぶりの世界一となった今大会の試合直後、正田は両親や後援会関係者などの寄せ書きの入った大きな日の丸を羽織った。「私を支えてくれた人たちの大切な宝物」と正田。北京五輪へ向け、確かな自信を取り戻した。』

やっと格闘家のニュースだ。

テレビで見たけど脇のちょっと上に約5cmほどの傷があったからあれが脱臼手術なら直視下の手術ってことだね。
試合も見たけど、直視下の手術をしてもあれだけ動けるようになるんだなぁ。
自分も格闘技復帰を目指している口なので、こうした活躍は本当にいい目標になるなぁ。
すごく心を揺さぶられたよ。

またしかし、6年って・・・・
スポーツ選手の6年って大きいよね。
自分はそこまでたぶん我慢できないと思うけど・・・・まぁ、まだまだ術後7ヶ月の自分はこれからってことで、頑張ります!

正田絢子選手おめでとうございます。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

« 10.8 やっぱり疲れはとれない | トップページ | 10.10 完全休養 »