« 『脱臼日記』のまーさんが手術を受けられます。 | トップページ | ipod nano買ってしまいました。 »

2006年2月22日 (水)

ポラール互換性のトレッドミル

自分が通っているスポーツクラブにポラール互換性のマシーンがいろいろある。

心拍数を読み取れるエアロバイクは、イヤーセンサータイプの国産のもので結構あちらこちらのスポーツセンターで見る。
10kmレース参加が多い自分にとってはいろいろあるカーディオマシンの中では、やはりトレッドミルが一番使用頻度が高いのだが、心拍数が常に読み取れない。自分が使っているトレッドミルは、ポラールというハートレートモニターと互換性があり、トランスミッターをつけることによって電波を飛ばしてトレッドミルで心拍数を読み取り、目標心拍数をトレッドミルの方で設定すれば、心拍数に合わせてトレッドミルの方でスピードや傾斜を自動的にコントロールしてくれると言う話だった。
ただ、スポーツクラブの方にトレッドミル用のトランスミッターがないらしく(これ自体なんじゃこりゃって感じなんだけど)、もし上手く機能させたいなら、ポラールと言うハートレートモニターを自分で購入しなければならないと言うことだった。

最近は一時間ランはざらになってきて、週に一、二回2時間以上のランもやり始めている。
まぁ、そろそろハーフに向けての体力作りと考えている部分もあるのだが。

そういうことで一番安く混信防止機能付きのポラールをついに購入してしまった。

早速いくつかのプログラムも試してみたのだが、これは本当に面白い!
2時間以上のランだとやはり最初のスピードの設定というのが非常に難しいのだが、心拍数設定なら疲れてきたときは疲れてきたときなりの走りをトレッドミルの方に任せておけばいい訳で。

一応トレッドミルの方ではランニングとウォーキングの2つのコースがあるようだが、ウォーキングの方は傾斜を勝手にトレッドミルの方でつけてくれて、ランニングの方はスピードで心拍数を調整するようなのだ。

当面マフェトン理論に則ってでも、ゆっくりじっくり長時間走れる体作りをして行こうと思う。
これで安心して長時間ランのトレーニングができそうだ。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

« 『脱臼日記』のまーさんが手術を受けられます。 | トップページ | ipod nano買ってしまいました。 »