« いまさら「ER」 | トップページ | 柔軟性があることがいいこととは限らない »

2007年2月10日 (土)

脱臼と言うと最近では

やっぱり山本“KID”徳郁選手の話題になるのかな。
彼の場合、肩ではなくて肘なんだけどね。

肩は結構やってきたから痛さってものもよく分かるけど、自分の場合、肘は一度もないから
その痛みとはどんなものだろう。
なんとなくなんだけど痛みの方は肘の方が痛そうな。実際、肩の場合はやや鈍痛気味かな。
それに比べて肘の場合、やった人のもだえ苦しみ方を見ていると鋭い痛みのような気がする。
どちらも嫌だけどね。(笑)
肘もやっぱり抜けが激しいと手術するんだろうか?
この辺全く門外漢です。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

« いまさら「ER」 | トップページ | 柔軟性があることがいいこととは限らない »