2006年3月15日 (水)

ipod nano買ってしまいました。

トレッドミルを走る時間が多くなってきて、変化がほしくなってきた。
テレビも見れるんだけど、お気に入りの音楽を聴きながらってのにやっぱり惹かれてしまう。

以前からデジタルオーディオプレーヤーはほしかったんだけど、なかなか決めかねていた。
結局nanoを買ってしまったんだけど、あまり時間も無いし、音楽を入れたり購入したりするのをサクっとやりたいとなるとituneとipodの組み合わせが一番。

本当はFMチューナー内臓で録音できるものならいいけど、ituneとの組み合わせが出来なかったり、いろいろ手間がかかったりしそうで。
この辺は結局は諦めざるを得なかった。
まぁ、実際ipodは第2世代のものを持っているので、操作なども慣れているし。

確かにitune自体、いまだ曲数が少ないわけなんだけど、購入に関してのあの手間なし感はたまらないね。早く他のレコードレーベルのものが買えればいいけど、どうも難しいみたい。

かといって、あえてCDに落としてまたituneに入れて、なんて時間も無いし。
だからiTMSにない時点で買わないですよ。sonyさん。

|

2006年2月22日 (水)

ポラール互換性のトレッドミル

自分が通っているスポーツクラブにポラール互換性のマシーンがいろいろある。

心拍数を読み取れるエアロバイクは、イヤーセンサータイプの国産のもので結構あちらこちらのスポーツセンターで見る。
10kmレース参加が多い自分にとってはいろいろあるカーディオマシンの中では、やはりトレッドミルが一番使用頻度が高いのだが、心拍数が常に読み取れない。自分が使っているトレッドミルは、ポラールというハートレートモニターと互換性があり、トランスミッターをつけることによって電波を飛ばしてトレッドミルで心拍数を読み取り、目標心拍数をトレッドミルの方で設定すれば、心拍数に合わせてトレッドミルの方でスピードや傾斜を自動的にコントロールしてくれると言う話だった。
ただ、スポーツクラブの方にトレッドミル用のトランスミッターがないらしく(これ自体なんじゃこりゃって感じなんだけど)、もし上手く機能させたいなら、ポラールと言うハートレートモニターを自分で購入しなければならないと言うことだった。

最近は一時間ランはざらになってきて、週に一、二回2時間以上のランもやり始めている。
まぁ、そろそろハーフに向けての体力作りと考えている部分もあるのだが。

そういうことで一番安く混信防止機能付きのポラールをついに購入してしまった。

早速いくつかのプログラムも試してみたのだが、これは本当に面白い!
2時間以上のランだとやはり最初のスピードの設定というのが非常に難しいのだが、心拍数設定なら疲れてきたときは疲れてきたときなりの走りをトレッドミルの方に任せておけばいい訳で。

一応トレッドミルの方ではランニングとウォーキングの2つのコースがあるようだが、ウォーキングの方は傾斜を勝手にトレッドミルの方でつけてくれて、ランニングの方はスピードで心拍数を調整するようなのだ。

当面マフェトン理論に則ってでも、ゆっくりじっくり長時間走れる体作りをして行こうと思う。
これで安心して長時間ランのトレーニングができそうだ。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2006年1月20日 (金)

膝がちょっとやばいかな

多少ビルドアップされてきて体重もかなり増えてきた。ウエイトトレーニング中心でここのところ有酸素系の時間もウエイトの方にまわしてしまっていた。

今月に入ってからも10kmのマラソンを何レースかこなしてきたけど、なんだかやる度に時間が遅くなってきている。ここのところ、続いているので疲れなど溜まってきてはいたのかもしれないけど急激な体重増加に体の方が追いつかない感じがする。
あとエアロビははねるようなものだと後半ふくらはぎがパンパンになってきてるし。

特に酷いのは膝に違和感を感じるようになってきている。膝は何度かおかしくしているのでこれはヤバイ。メスも入れているし。大事に至らない前に少しでも負担を和らげるようにしなければいけない。現在は黄信号一歩手前て感じか。

体はでっかくはしたけど、自分としてはあくまでもバランスのいい体を作りたい。
最低限、動けるからだが目標だ。

体脂肪も若干ついているので、これも落としておかないことには重りを背負って走っているようなものだし。ダイエットをすれば確実にパワーは落ちるけど、少しパワーを落としてでも体重を落とさねば。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年11月 7日 (月)

11.6 走る!

トレッドミルを歩いてみて問題がなかったので、2、3日前ちょっと走ってみたんだけど15分を越えたあたりから肩の上の付け根辺りから違和感が。
たぶんここしばらく続いているインピンジメントの影響だと思う。

時間を追うごとに違和感はだんだん強くなっていきそうで、違和感は痛みに姿を変えてきそうだったので、走るを止めざるを得なかった。

それからちょっと時間がたったので、どうかと思い、昨日恐る恐る走り始めてみた。
エアロバイクを続けていたので、心肺機能低下はかなり避けることが出来たよう。

腐らないで今回はこつこつとやっておいて本当によかったと思う。

ウォームアップの10分と10km/hの55分を走りきることが出来た。微弱な違和感はまだあるけど、一応参戦できそうな体調のよう。
一時は本当にどうなることかと思った。
サポーターで肩を固めて走ろうか止めようか真剣に悩んでいたけど、昨日の走りだったら何とか行けそうだ。

まだ、レースまで時間があるし、とりあえず直前まで恐る恐る肩の具合を考えながら練習を続けていこうと思う。
まだ安心は出来ないし、違和感が痛みに変わってくるとしたら欠場ももちろん視野に入れておかなければならないだろうなぁ。

上半身のウエイトトレ・エアロビ・ボクササイズはまだまだ当分出来そうにない。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月31日 (月)

10.31 腕がだめなら足があるさ

インピンジメントらしい。

痛みは本当に少しずつだが減ってきている。ただすぐには治らなさそうなので、いくつかレースを欠場しなきゃならないだろう。
痛みを持ってレースに参加して折角ここまで頑張ってきたのを無にするのもばかばかしいこと。

止むを得ないなぁ。

でもトレーニング自体は休んでいない。

腕がつかえないなら足があるさ!

ということで一昨日は腹筋・背筋+エアロバイク60分
昨日はリカベントバイク75分
本日は大腿部・下腿部+エアロバイク・リカベントバイク140分

主にマシン中心だが、k今日はスミスマシンでスクワットのパーシャルレップに挑戦してみた。
いつもはスミスでもできるだけパワーリフティングスタイルのスクワットでやっていたけど、最大重量を神経系に叩き込む意味で、パーシャルレップ(可動域を抑えて上げ下げする)法をやってみたがかなり高重量を持ち上げることが出来た。

当分は体幹部と下半身だけなんで逆アイフルになりそうだけど、やらないよりはましだろう。

怪我しても歩みを止めない。
逆境を乗り越えてやる。
立ち止まるな!

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月20日 (木)

10.20 かなりハードになってきました。

ちょっと更新が出来ませんでした。

ウエイトトレーニングもかなりハードなメニューになってきました。
今までもやっていたけど各部位の最後の締めに21レップ法を大々的に取り入れるようにしている。
21レップ法とは7レップずつ可動域を変えて連続して合計21レップを行う方法。
「マッスル&フィットネス」で以前紹介されていた方法だ。

まずボトムからセンターまでの7レップを行い、続いてセンターからトップまで7レップ、休まず今度は全域で7レップ。扱う重量は当然通常の動作よりかなり軽いものになるんだけどバーン(筋肉が焼け付くような痛み)を確実に感じることが出来るので、重宝している。
通常のセットなどをまずやってから一番最後にこの21レップ法を行う。
実際やってみるとかなりしんどい。休憩が確実に必要となる。実際、普通の状態に持っていくのに時間が掛かる。

21レップ法もそうなのだが、今週より取り入れた動作などや新しいメニューのため、その動作に合ったウエイトやら姿勢の確認をしながらやっているので結構時間を食う。

なんとかランの方も時間を取らなきゃいけないし。
あっ、2時間ランは出来ていません。出来ても1時間ぐらいだなぁ。

来週はもう少しウエイトの時間を押えるようにしてランにまわさないと。

自宅へ帰ってきても強めのストレッチやらバランスボールを軽くやったりしています。
今週はクラブ・自宅とも新メニューでこなしていますので、更新少し滞るかも知れません。

あともう1つ。肩のほうだけどいままでショルダープレスはマシンの方が多かった。
ダンベルやバーベルという方法もあるんだけど、不安定性のため危険もある程度あるのでとても怖くてやれなかった。でもすこしずつ軽いウエイトからやりはじめてみたけど、やはりウエイトを使ったものは気が抜けないので、すごく集中してやれる。やってみると以外と上がることがわかった。やはりどうも心理的な部分でストップしていたことも少しはあるような気がした。
ダンベルはやはりいいね。マシンにはない緊張感があるし、とても集中してできるので、肩の方は負荷を高めていってもまだまだ出来そうだった。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月18日 (火)

10.17 再開 ランニングの負荷を下げてみる

一週間お休みをして再開した。

ウエイトトレーニング(胸・下腿)、肩のコンディショニング、エアロビ、ラン

一週間休んだので、疲れはきっちり抜けたけど筋力も落ちているようだ。
ウエイトの最大重量を下げざるを得なかった。

あとランニング。
ランニングの負荷がちょっと自分の体と合っていないような気がしていた。
ということで、ある程度心拍数を見ながら150まで行かないようにゆっくり走ってみることにする。

今週いっぱいは傾斜3度6.8km/hかまたは傾斜0度8km/hのどちらかで長時間走るのを基本にしようと思う。できれば2時間走ぐらいはしたい。この方が脂肪燃焼しやすいし。

もちろんある程度オーバーロードをかけなくちゃいけない時も必要なので、週一回以上は10km/hの一時間走はやらなきゃね。

今週はもう少し体脂肪を落とすことに焦点を当てて頑張りたい。
・・・・ということでクレアチンローディングは来週以降にしようと思う。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月10日 (月)

10.10 完全休養

月曜と火曜は完全休養。

ということで、両日ともスーパー銭湯通いいたします。

たっぷりサウナに入ったあと冷水で体を締め、ぐだっとするのを数回。それからちょこちょこいろんなお風呂へまわってから上がります。
そのあとマッサージマシーンで体を揉みほぐし、帰る頃は体が骨抜きになります。

翌日は思いっきりだるくなるんだけど、そのまた翌日にはすっきりしていて、疲れが早く抜けるんだよね。

早く芯から溜まっている疲れを取って来週からまた再開。
来週より新兵器クレアチン投入予定。ローディング期間をきっちり守りさらにパワーアップしたいなぁ。

ということで今週はブログは更新あまりしないかも。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 8日 (土)

10.8 やっぱり疲れはとれない

肩のコンディショニング、ウエイト(上腕二・三)

ラン(55分、10km/h)

やっぱり疲れは取れない。このままだと能率悪そうなんで、来週1週間はウエイトトレーニングはお休みにしよう。

スタジオレッスンは続きがあることと、ランはある程度コンスタントに続けたほうがよさそうなので、それだけは休まないつもり。それでも月・火は完全休養とする予定だ。
ということであと一日予定通り頑張ろう。

月・火はスーパー銭湯にでも行って体を休めようと思う。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年10月 7日 (金)

10.7 18km/hダッシュ

肩のコンディショニング、ウエイト(背中上部)

エアロビ、ダッシュ5本(40秒程度ダッシュ+2分歩行の16km/h、16.5km/h、17km/h、17.5km/h、18km/h)

18km/h間で上げる事が出来た。上げたり下げたりはスピードボタンを押してコントロールするので、下げる時に失敗するとかなり怖い。18kmの時にしっかり押していなく、なかなか下がらなくてちょっとあせった。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

より以前の記事一覧