2005年6月 7日 (火)

大学病院って・・・

大学病院・・・まるで一種のブランドのような扱いをされていたり、最高の治療を受けられるような話を耳にする。
でも、実際はどうなんだろうと思っていた。

医局という制度の話を最近知った。
大学病院を中心にいろいろな病院へ派遣されるという仕組み。

どこの病院でも聞いたことがあると思うが、「どこどこの先生は○○大学系の先生で・・・。」という話。医師間では縦のつながりが非常に強いよう。
特殊な手術をする場合、それが自分のところで出来ないと判断されたりすると、別の病院へ転送されたりすることもあるが、この縦のつながりが関わってるという話もよく聞く。

いくつかの整形医によるブログでその医局という制度と大学病院の話を目にすることがあった。
よろしければ一度ご覧になっていただきたい。

問題点はどこに・・・・・・(東京医大 心臓外科 死亡3例)
病院選び 

それらを読むと医局のような制度がある現在では、一概に巷で言われてるような大学病院が一番最適とは言えないのかもしれない。
特殊な手術をされない場合、こと脱臼の手術でいうならば同じ手術を多く持つ経験値が本当に高い病院や医師を選ぶことも1つの考えだろう。

ただ、そうした医局制度も崩壊し始めているようだ。今後は新しい判断が必要となることがあるかも。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|