2006年1月 6日 (金)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

といって、すっかり放置してしまいましたが。。。。。

再開します。。。。。でも不定期更新になりそうですが。。。。

まずは前回の更新から10kmマラソンの方結局いくつか走りました。今月ももうすでに走ってきました。今月中にあと数レース走る予定です。

12月の中旬より仕事の都合でウエイトトレーニングが全く出来なかったのでかなり体がなまってしまいましたが、年明けて再開はしています。調子はいいです。
ただインナートレーニングを含むリハビリトレーニングの方がまだ再開できていないので至急再開せねばと思っています。

ブログの方は不定期となりますがBBSの方は出来る限り早めにお答えするようにしますので、そちらの方も宜しくお願い致します。

|

2005年8月 6日 (土)

非外傷性肩関節不安定症

最近は動揺性肩関節症などの非外傷性肩関節不安定症の方とお話をすることが多い。

自分自身が外傷性起因の反復性肩関節前方脱臼だったし、非外傷性の方のような常に外れているような違和感みたいなものを感じたことがなかったので、実際あまりよくわからなかった。(脱臼後のぐらぐらする感覚は除いて)

また今回手術を受けた過程で、反復性ならある程度医学的知識も身に付けたので、受け答えができるのだが、非外傷性の知識は薄かったし。

たしかに外傷性起因・非外傷性起因の脱臼・亜脱臼の全体数の中でだと、完全脱臼まで行かないで常にはずれそうな感じをもっている人や、常に肩関節がぐらぐらするような人、つまり非外傷性肩関節不安定症の方は総数としたらかなり少ない。

当然、非外傷性に関して表立って出てくることも少なく、また専門的情報もほんとうに少ない。
(自分が非外傷性肩関節不安定症と気付かない方も実際多いのだろう)

でも、自分のHPのほうを立ち上げてみて、非外傷性の方からいろいろお話を伺ってたりしていると、現実的には非外傷性の方のほうが根が深く、日々の生活すら脅かされていたりして、大変な現実を知ることとなった。
この非外傷性はいまだ解明されていない部分が多すぎて確たる医学情報が流せないのが本当なのかもしれない。だからこそ、その症状を持つものの嘆きが自分の中で強く響く。(確かにそんな状況の中で、自分のような医師でもない人間が、確たることを言える部分ってものはかなり少ないのだが。)

今痛切に感じているのが、非外傷性肩関節不安定症の方をちゃんと診断できる医師が少ないと言うことだ。
肩の専門医すら整形外科の中で少ない状況の中で、非外傷性の方を正確に診断、治療、成果を出している医師というと本当に限られてくる。

net上にはいくつもの脱臼に関した情報はあるんだけど、非外傷性なりの独立した形でもっと専門的に扱うべきじゃないかという気が今している。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年6月12日 (日)

ご訪問者の皆さん、ありがとうございます。

HPを立てて17日目にしてカウンターが1000を超えました。みなさんどうもありがとうございます。

うちのカウンターは以前にもお話しましたが、ニフティさんの汎用のものを使っていて、ニフティさんのほうで同じIPの人が同じ日にアクセスしてもカウントされない仕組みになっています。(バブの方ではアクセスログとかIPの記録などは取っていません。お気軽にご利用ください。)
日が違えば同じ方でも別のカウントにはなると思いますが、それでも多くの方に訪れていただいたことには違いありません。

ありがとうございます。

HPの今後は、立ち上げ時いっぱいいっぱいの内容で立ち上げましたので、大きな更新は直ぐにはできませんが、細かな更新はちょくちょく行っていくつもりです。あと時間がかかりますが、まだできていない構想が2つほどあります。大きな更新の部類にはなると思いますが、その完成には時間をいただきたいと思います。

また、脱臼に関してこんなページできないかなとか、こうしてほしいとか意見ございましたら、掲示板にてお待ちしています。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年6月 9日 (木)

YahooとGoogleで検索できるようになりました。

本日Googleで検索できるようになった。Yahooの方は登録をお願いしてあって、4週間程度かかるという説明だったが、1週間もしないうちにYahooから登録終了のメールが届いた。
でもなかなかGoogleには上がってこなかったので、地道に待とうという気でいたが、本日検索で出るようになった。(立てて半月だが、実際これが早いのか遅いのかすらよく分からないが。)

これもイエティさんに相互リンクしていただいたこともあるのだと思う。
ありがたいです。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

|

2005年6月 1日 (水)

今日はこのHPのお話を

術後86日目

リハビリをしっかりやり始めると肩の腫れぼったさが少し蘇る。

そろそろスポーツクラブへ復帰せねば。
一回目の復帰後、足が遠のいてから1ヶ月ぐらい経ってしまった。
復帰届も出していたので、しっかり月の利用料だけ銀行落しになっている。
がんばっていかねば。また、プール歩きからはじめてみたい。

復帰の調子について今までも述べていたので重複するが、
大まかに自分の復帰の具合についてちょっと振り替えてみよう。
同じバンカートブリストウ法の方の参考になればと思う。
(まだ、術後3ヶ月にも実際立っていないので、ちょっと浅い内容だが)

術後10日で抜糸(正確には自分の場合抜金)
術後21日目で固定外す。
術後20日から40日。散歩して軽く腕を振るのが精一杯。
術後40日から60日。水中ウォーキングを始める。ほんの少しずつ距離を伸ばす。
術後60日。デスクワークなら何とか一日持つぐらいになる。
術後75日。頭の上のものは取るのが難しい、重いものもまだ持ってはいないが
それらを除けば日常生活のほとんどはできるようになる。

現在の状況は一昨日お話したが、ちょっと追加すると、首を固定した状態だと何と
か自分の耳が触れるぐらい。頭の後ろまでまだ手は回らない、そんな状況である。

さてこのHPも立ててからそろそろ10日目になろうとしている。
掲示板の方はまだまだ書き込みないみたいだけど、今の所検索にも引っかからない
HPなんでこんなもんなんでしょう。まぁ、まったり育っていくのを楽しみにしよう。
でもコンスタントにトップページのカウンターが増えていっている。
うちのカウンターはニフティーさんの物を利用させてもらっていて同じIPの人が
カウンターを通ってもカウントされない仕組みになっている。今はだいたい固定
の人が多いだろうから結構信頼性があると思う。
訪れた方々、本当にありがたい。
(このHP内では特にアクセスログをとったりなどそういったプライバシーに関わる
ことはしていないので、安心して利用してください。)

HPというとどうしても一方向の情報発信という形になる。これ以上盛り込め
ないぐらいのモリモリな構想で始めたので、なかなかコンテンツを増やすのは難しい
のだが、でもまだ2つほど頭の中に構想がある。

いままでもHPは作ったことがあったのだが、今回CSSをかなり使ってみた。
でも手直しの段階で、わけ分からなくなった部分もあって結構改行のBRタグ連発したり
、あとIE6以外のブラウザで見たら結構酷くレイアウトが崩れたりした部分もあり、
また各ページボトムのナビゲーターボタンがページによって配置が違ったり、
実際本当は手を入れないといけない部分満載なのである。(作っている当初はW3Cの
チェックやアクセシビリティの配慮もしたつもりだが、後半はグダグタになってしまっ
た。)

それでもその頭の中にある2つの案をできれば先に完成させたいと思っている。
IE6以外の方には申し訳ないです。

コンテンツ追加に関してはかなり時間がかかるので、少し時間がかかると思いますが
まだまだこのHP成長させるつもりです。
また、こんなことできないかなという希望ありましたらぜひどうぞ。

それとこのブログ、なんでトラか・・・特に意味はないんですが、なんかしっくり来る
と思って。一応ニフティさんのテンプレを使いました。
自分も含めてなんですが、脱臼の方にがんばってという意味合いで。
「虎だ。虎になるんだ!」
いわゆる気合です。気合だぁー!です。

自宅リハは変わらずです。

バブの反復性肩関節前方脱臼のHPへ戻る

#そういえばベントオーバーローイングモーションって広背筋だった。
僧帽筋っていえばやっぱりシュラッグでしょ。錘なしのシュラッグやっていいのかなぁ。
今度リハのとき聞いてみよう。

|